ホームへ戻る よくある質問(FAQ)
丸太を製材所にもっていく場合、先ず、その運ぶための車が
必要となります.
更に、製材所で挽いてもらう費用も決して安くはありません。
 
では、自分でチェンソーを使って、丸太を、フリーハンドで製材した経験
をお持ちの方も多いと思います。


しかし、フリーハンドで行う場合、やはり旨くできません。
もっと、精度良く、楽に、そして安全に
丸太から板を挽く方法はないか.............!!。


あります!!
 
このような方に、お持ちのチェンソーで製材ができる
ソーミルが最適です
アラスカンMK IIIは、ガイドバーの根本及び先端部分を留めるので、
より安定した製材作業ができます。

*アラスカンMKVはお手持ちのチェンソーに取り付けてご使用いただく製品です。
アラスカンMKV単体では製材できませんのでご注意下さい。
ご不明な点やご質問等がございましたらお気軽に下記見積もり依頼からでもご相談下さい。



アラスカンMKIIIは次の5種類のサイズがあります。
G776-24G776-30G776-36G776-48G776-56

お手持ちのチェンソーのサイズと製材したい板材の幅により
最適なサイズが決まります。
製材される板材の厚さは13〜305mmの範囲で調節ができます。
製材可能な板材の幅は、アラスカンのサイズと
お手持ちのチェンソーのガイドバーの長さに依ります。

以下の表を参考にアラスカンのサイズをご検討下さい。
すべてのアラスカンにおいてチェンソーのガイドバーは
450mm 以上がお勧めです。
(450mm以内のチェンソーにはスモールログミルをお勧めします)

アラスカン
の種類
取り付け可能チェンソーの
ガイドバー長さ
最大板幅
 
G776-24 おおよそ610mm以内 535mm(ガイドバーの長さが610mmの場合)
G776-30 おおよそ765mm以内 685mm(ガイドバーの長さが765mmの場合)
G776-36 おおよそ920mm以内 840mm(ガイドバーの長さが920mmの場合)
G776-48 おおよそ1225mm以内 1145mm(ガイドバーの長さが1225mmの場合)
G776-56 おおよそ1425mm以内 1345mm(ガイドバーの長さが1425mmの場合)

長さはあくまでも目安です。
お手持ちのチェンソーに最適なアラスカンのサイズがご不明の場合には
下記ご注文・見積もり依頼からでも結構ですので、是非ご相談下さい。
よくある質問をまとめてありますのでご参照下さい



アラスカンMK IIIの価格

(G776-24) 34,000円

(G776-30) 38,400円

(G776-36) 42,900円
(G776-48) 47,300円
(G776-56) 49,500円

(税込、送料別)



アラスカンMKVを使用しての製材例


Adobe Flash Player を取得

当社の許可なく当ホームページの内容(画像も含む)を転載することを禁じます。




チェンソーバーへの取り付け参考図
*現行商品実際の取り付けとは
一部異なる場合がございます

アラスカンMKV